まて(マテ)のしつけ 犬のしつけ
犬のしつけの専門店 しつけ.jp クチコミだけで45,000本突破!話題の消臭剤 天使の水
   
 
天使の水 お試しセット
トイレのしつけに活躍 天使の水 犬のしつけの専門店 しつけ.jp
新着 お客様の声お客様から届いた声は
なんと、3000人を突破!
 
かた21動物病院 片岡獣医師推薦 天使の水
 
 
インターネットで、ご注文
 
 
▼携帯電話からのご注文
携帯電話からのご注文 ペットの消臭屋
 
相互リンクなど 犬のしつけの専門店 しつけ.jp
マテ(まて)のしつけ
ペットのプロ(ブリーダー)が教える。
失敗しない!
マテ(まて)のしつけ


犬のしつけの専門店  しつけ.jp  
しつけアドバイザー 
湯浅大介
しつけの本も、たくさん読んだ
しつけのビデオも、見てみた
訓練士さんにも、任せてみた



でも、やっぱりしつけが、上手くいかない・・・


まて(マテ)を教える時、手は犬の鼻先に手のひらを突き出し、号令は「マテ」とします。

ステップ1・食事を与える時
食事を与える時には、食べるのを待っている犬に対し「マテ」と命令し、そのまま一定時間待たせ、その後「ヨシ」と命令します。
一定時間待てなかった時は、食事を取り上げ再び号令します。 

ステップ2・お座りをさせた時
お座りをさせ、犬が動きだそうとした時に「マテ」と命令し注意します。そして、一定時間たったら「ヨシ」と命令し「マテ」を解除してあげて下さい。
何秒間でも上手くいったら、オーバーによろこんであげて下さい。これを、少しずつ距離・時間を長くしていって下さい。

まて(マテ)のしつけは、おやつなどを使えば、すぐにできるようになると思いますが、おやつがなくても、できるように、しつけをしていってくださいね
 子犬のしつけ 
犬のしつけ トイレ
無駄吠えのしつけ
噛み癖のしつけ
ハウスのしつけ
誉め方、叱り方のしつけ
こい(コイ)のしつけ
マーキングのしつけ
マーキングの消臭
マーキング オスとメス
トイレの場所
トイレの対策
犬おしっこの臭いって?
まて(マテ)のしつけ
お座り(オスワリ)のしつけ
散歩のしつけ
食事のしつけ
猫のしつけ
猫マーキングのしつけ
猫マーキングの対策
猫マーキングの消臭
猫砂の場所
猫砂の消臭
猫おしっこの臭いって?
子猫の叱り方
子猫の褒め方
子猫の爪とぎの教え方
スプレイ行動
子猫の食事のしつけ
子猫の社会化
▼ 子犬のしつけの一覧へ
▼ 子犬のしつけ相談教室


 
■ご注文方法について
お電話での受付  0120-201-784 (平日10:00-15:00受付)
ご注文フォーム (24時間365日受付)
メール (24時間365日受付)
FAX 050-3488-6985 (24時間365日受付)
24時間365日受付ておりますが、土日・祝日にかけてのご注文は、翌営業日の処理とさせて頂きますので、ご了承ください。


<< ご注文方法を詳しく

■お支払い方法について
●代金引換配送・・・手数料無料
●クレジットカード・・・手数料無料
クレジットカード対応
●NP後払い・・・手数料無料
NP後払い コンビニ対応

SSL対応 セキュリティー

<< お支払い方法を詳しく

■商品の配送について
佐川急便、ヤマト便、郵パックにてお届け。
送料は、全国900円ですが、弊社が負担いたしますので、なんと、
全国送料無料

配達日時のご指定も可能です。

9時〜12時 12時〜14時 14時〜16時
16時〜18時 18時〜20時 20時〜21時

<< お届け方法を詳しく
■返品について
商品が不良品の場合
商品には、万全を期しておりますが、万が一不良品がございましたら、送料着払いにて弊社宛にて、お送りください。新品とお取替えさせて頂きます。詳細は、返品交換窓口へご連絡ください。

お客様のご都合による返品の場合
安心の全額返金保証制度
商品にご満足頂けなかった場合には、全額返金させて頂きます。返品の旨を、返品交換窓口へご連絡下さい。
*ただし、商品到着後、2週間以内に限ります。

■個人情報保護について
ペットの消臭屋では、お客様とのやり取りの中で得た個人情報(住所、氏名、メールアドレス、など)を、ペットの消臭屋以外の第三者に譲渡または開示するようなことは決して致しません。どうぞ安心してご利用下さい。詳しい、プライバシーポリシーは、こちら

■店舗運営責任者
〒814-0133 福岡県福岡市城南区七隈1-14-27
犬のしつけの専門店 しつけ.jp (ペットの消臭屋が運営) 
店舗運営責任者 湯浅 大介
TEL 0120-201-784 FAX 050-3488-6985
犬のしつけの専門店 しつけ.jp 湯浅 です 「こんにちは。
店舗運営責任者の湯浅 大介です」
湯浅店長からの、ご挨拶
開業物語(エピソード1〜4)
このページのTOPへ